↑

内祝い・お返しのマナー
「お返し」が目的化した、日本社会の考えちがい

ギフトは、贈答品とも呼びますが、『贈&答』の意味って何でしょう。

贈 ⇒⇒ 愛情・支援・感謝などの気持ちを表すため人に与える金品

答 ⇒⇒ 受けた厚情に対して感謝・お礼の気持ちを伝える「お返し」

いまの日本では《贈》に答える《答》ではなく、《答》がひとり歩きしているのです。

【例1】結婚祝金の50%はお返しに充てなければならない。

【例2】香典額の50% ピッタリを商品券でお返しした。

など、義務化している半額返し をちょっと考え直してみませんか!

日本以外の国や地域では、「お返し」ってどうやっているの?

「お返し」って、必ず何か品物を贈らなければならないの?

内祝いや香典返しは「半額返し」でなければいけないの?

内祝い・お返しを贈るのはいつ頃がいいの? その理由は?

お祝いの返礼品のことをどうして ≪内祝い≫ って言うの?

トップページへ戻る
仏教宗派の選択
提案・見積書のご請求、お問い合わせ
ギフト商品を注文する
礼状・カード印刷と発送の手配
Q&A よくあるご質問
会社情報
供養と「いのち」のコラム 一覧

前月  2021.8  次月 今月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
    : Off     : SPL / Event
納品実績一覧